沖縄のバラス島が地図に載らない理由

ここ日本で未だ地図に載っていない島が存在する。それは沖縄県の西表島と鳩間島の間に浮かぶ「バラス島」である。

バラス島

バラス島は直径十数mしかない無人島で、西表島から船で約10分の場所にあり、シュノーケリングスポットとして観光ツアーがあるほど人気の島である。島は一周2~3分、中央部の高さは約3mである。多くの人が観光に訪れるにも関わらずバラス島は地図に載っていない。

バラス島はサンゴのかけらでできた島で、島を固定する岩場などがない。そのため、台風や波などの影響を受けて移動することがある。また、高潮位時には水没することもある。一度の台風で50m以上動いてしまうなど、島として不安定であるため地図に載せることができない。

「地図に載っていない」と記載したが、正確には国土地理院の「地理院地図」に載ってない。「Googleマップ」で検索してみると、島の位置が正確かは不明だが、西表島と鳩間島の真ん中あたりにバラス島が表示される。

バラス島(Googleマップ)

リンク:西表島ツアーズWikipedia

2019/1/5

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「地理・地名

関連記事