「模造紙」の語源・由来

模造紙とは、製図や掲示物の作成、小学校での自由研究の発表などに用いられる、大判の洋紙のことである。

模造紙
画像元ASKUL

「模造」とは「本物に似せて作ること」を意味する。そのため、「模造紙」は「本物に似せて作られた紙」という意味になるが、どのような経緯で「模造紙」という名前になったのか。

1878年(明治11年)、明治政府は「局紙」というミツマタを原料とする大蔵省印刷局特製の紙をパリ万国博覧会に出品し、高い評価を受けた。その評判の局紙をオーストリアの製紙会社が模造し、安い価格で製造した。これが「模造局紙」という名前で逆輸入され、瞬く間に日本中に広がった。

これに危機を感じた日本の製紙業者がその「模造局紙」をさらに模造して作ったのが、現在でも使われている「模造紙」である。

日本で作られた模造紙は光沢を施すなどして改良が加えられ、製法や印刷適性の向上もあり、すでに何かの真似ではないにもかかわらず、その紙は以前のまま「模造紙」と呼ばれ、現在に至る。

ちなみに、模造紙は地方によってその呼び方に特徴があり、山形県では「大判用紙(おおばんようし)」、新潟県では「大洋紙(たいようし)」、富山県では「ガンピ」(画用紙などの比率の元であることから「元比」、または原料の「雁皮」に由来)、愛知県や岐阜県などの東海地方では「B紙(ビーし)」、九州方面では「広用紙(ひろようし)」、鹿児島県では「広幅用紙(ひろはばようし)」などと呼ばれている。

リンクWikipediaコトバンク

2019/4/23

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「語源・由来

関連記事