「エースピッチャー」の語源・由来

野球において「エースピッチャー(ace pitcher)」または「エース(ace)」は、チームで最高の先発投手のことを指す言葉である。

エースピッチャー

「エースピッチャー」の「エース」の語源については諸説ある。「エース」はトランプカードの「A(エース)」に由来する言葉ではないという情報もあるが、英語圏におけるトランプの「エース」には「第一の」「高貴な」「高品質、特上の」という意味がある。

また、「エース」の由来として、アメリカのプロ野球選手のエイサ・ブレイナード(Asa Brainard)投手が挙げられることが多い。ブレイナードは1869年に65勝を上げたという大投手で、彼の活躍から、良い投手を「エイサのようだ」と形容されるようになった。そして、ブレイナードのニックネーム「エイサ(Asa)」からもじって「エース(Ace)」と呼ばれるようになったという説である。

エイサ・ブレイナード
エイサ・ブレイナード

歴史的には、「第一の」などの意味を持つトランプの「エース」という言葉がもともとあり、その後、ブレイナードのニックネームから優れた投手を「エース」または「エースピッチャー」と呼ぶようになったと見ることもできる。

「エース」が付される言葉には、「エースストライカー(ace striker)」や「エースナンバー(ace number)」などがある。

エースストライカーは、サッカーで使用される言葉で、ストライカーは積極的にシュートを撃って得点を狙うフォワード(Forward:FW)の選手を指す。

エースナンバーは、野球やサッカーなどのスポーツにおいて、伝統的にチームのエースが付ける背番号である。日本では一般的に、高校野球の1番、プロ野球の18番、サッカーの10番、バスケットボールの4番などがある。

リンクWikipedia

2019/5/12

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「語源・由来

関連記事