犬の首輪にスタッズが付いている理由

犬の首輪にはトゲトゲのスタッズが付いたものがあるが、このスタッズはオシャレのためではなかった。

スタッズ付きの首輪

このスタッズはもともと猟犬の首に付いていたものである。猟犬の天敵だった狼が犬の急所の首を狙ってくることがあり、スタッズはその攻撃から首を守るために付けられた。そのため、過去には現在のものより更に尖った首輪が使用されていた。現在では猟をすることがなくなったので、その形だけが残り、より安全なものになっている。犬の首輪のスタッズは、狼から身を守るために付けていた名残である。

ちなみに、スタッズ(studs)はスタッド(stud)の複数形で、飾りのための鋲(びょう)や、取り外しのできる飾りボタンなどを指す言葉である。飾りボタンはワイシャツの前やカフスに用いられる。また、靴や財布、ブレスレットなどにスタッズを装飾することで、ロックな雰囲気のアイテムになる。

リンクAmazon

2019/6/3

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生き物

関連記事