ベートーヴェンの肖像画が怒っている理由

学校の音楽室にはシューベルトやモーツァルト、ヴィヴァルディなど、数多くの音楽家の肖像画が飾られている。

これらの肖像画は優しく微笑んでいる。しかし、ドイツの音楽家として有名なルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの肖像画は怒っているように見える。これには理由があるとされる。

ベートーヴェンの肖像画

その理由は、その日の料理が美味しくなかったためだという説がある。この肖像画はベートーヴェンが50歳頃のものである。ベートーヴェンの付き人だったドイツの音楽家アントン・シンドラーによると、ベートーヴェンはもともと肖像画を描かれることを嫌がっていた。

それをなだめるために家政婦が朝食にベートーヴェンの大好物であるマカロニにチーズを和えた料理を作った。しかし、マカロニを茹で過ぎて美味しくなかったことにベートーヴェンは激怒してしまった。そのため、怒った肖像画になってしまったという。ベートーヴェンの肖像画は何枚もあるが、皮肉にもこの怒った肖像画が最も有名なものとなっている。

リンクWikipedia

2019/8/5

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「歴史・文化

関連記事