日本の幽霊には足がない理由

海外と日本のホラーを比較した時、海外のゾンビなどには足があるが、日本の幽霊には足がないのが特徴である。

応挙の幽霊

足がない幽霊の絵を描いたのは、江戸時代に活躍した京の天才絵師・円山応挙(まるやま おうきょ、1733~1795年)であるという有名な説がある。

反魂香(はんごんこう)という焚くとその煙の中に死んだ者の姿が現れるという伝説上のお香がある。これはもとは中国の故事にあるもので、反魂香の煙に隠れて足のない幽霊が描かれたという話がある。「応挙の幽霊」「反魂香」は古典落語の演目の一つにもなっている。

また、応挙が描いたとする別の説では、夢枕に亡き妻が出てきて、その霊には足がなく、まるで宙に浮かんでいるようだったという話や、夢枕に出てきた霊をその場で急いで描いたところ、間に合わずに足のない幽霊になったという話もある。

このように応挙が描いた足のない幽霊画が広まったことで、日本の幽霊には足がなくなったとされる。ただし、応挙が生まれる60年前には足のない幽霊が描かれており、この応挙説は俗説あるいは不正確な説との指摘もある。

リンクWikipedia

2019/8/7

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「歴史・文化

関連記事