お盆のより相応しい過ごし方

お盆とは、日本で夏季に行われる先祖の霊を祀る一連の行事のことで、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合したものである。

精霊馬

お盆の期間

お盆の時期は、東京や横浜などで7月15日とする場合もあるが、全国的には月遅れの8月15日をお盆とする地域が多い。お盆の期間としては8月13日から8月16日までの4日間である。古来から日本では1年を2つの期間に分け、1つ目の期間の始まりを「正月」、2つ目の期間の始まりを「お盆」としていた。正月とお盆には先祖の霊があの世から帰ってくると考えられてきた。

お盆にはお墓参りをするが、お墓参りの日は8月13日と8月16日の2回行うのが相応しいとされる。8月13日は先祖の霊が仏様の世界のあの世からこの世に帰ってくる日であり、先祖の霊を迎えるためにお墓参りをする。そして、8月16日はこの世からあの世へ戻る日であり、あの世に戻る先祖の霊を送るためにお墓参りをする。

お墓参りの作法

お墓参りの作法の注意点として、墓石の上から水をかけることがあるが、お墓は先祖の体であり、頭から水をかけるのは良くない作法とされる。水はお供え物であり、墓には「水受け」があるので、そこに水を供えるのが良い。また、お墓は先祖の体であるという理由から、お墓をタワシで磨くのも相応しくない作法となる。布やスポンジなど柔らかいもので、やさしく拭くのが良い。

墓には花をお供えするが、故人が好きな花を供えるのは基本的に間違っていない。ただし、トゲのあるバラ、毒のあるヒガンバナやスイセンは供える花としては相応しくないとされる。また、ツバキは花が散る時にポトリと落ちる様子が首が落ちることを連想させるので避けられる。

お供え物としてカップ酒をお供えすることがあるが、その蓋を開けて供えるのは正しい。先祖は線香など香りを楽しんでいるとされ、食べ物や飲み物を開けて供えるのは問題ない。ただし、そのままにしておくとカラスが来るなどの問題もあるので、お参りが終わったら持ち帰るほうが良い。

お墓参りの際、目を閉じてお参りをすることがあるが、目を開けてお参りをしても問題ない。これは目を開けて先祖と会って話をするという意味がある。お参りする時、先祖に家内安全などを願うが、自分の命があるのは先祖のお陰という意味で「ありがとう」という感謝の気持ちを伝え、その後に今の状況などを伝えるのが良い。

お盆のお墓参りの特徴として、「提灯(ちょうちん)」を持って行くという風習もある。提灯の中のロウソクに火を灯す、または今ではLEDライトの提灯もある。先祖の霊がお墓から家まで迷わずに帰れるようにとの思いから、提灯を目印にする意味合いがある。また、提灯に形が似ていることから、お墓にホオズキ(鬼灯)をお供えすることもある。

家の玄関先では先祖を迎える「迎え火」が焚かれる。「焙烙(ほうろく)」という素焼きの皿の上に「おがら」という麻の茎に火をつける。これも祖先の霊が家の場所が分かるようにとの目印の意味がある。焙烙やおがらはお盆の時期にはスーパーなどでも売られている。

お供え物と精霊馬

先祖が食べるお供え物は「仏飯(ぶっぱん)」と呼ばれる。お供え物は基本的に故人の好きなものをお供えして良いが、精進料理には使われない肉や魚は殺生(せっしょう)に当たる場合もあるため避けたほうが良いとされる。

お盆に先祖を迎えるためのお供え物としてキュウリとナスがある。「精霊馬(しょうりょううま)」と呼ばれ、キュウリとナスに爪楊枝などを刺して作られる。精霊馬とは先祖が乗る動物を模したもので、キュウリは馬、ナスは牛を表している。キュウリの馬は8月13日の先祖がこの世に帰って来る時の乗り物、ナスの牛は8月16日のあの世に戻る時の乗り物とされる。キュウリの馬は足が速く、なるべく早く帰って来てほしい、ナスの牛は足が遅く、なるべくゆっくり帰ってほしいとの気持ちが込められている。

お盆には素麺(そうめん)をお供えする場合もある。これは麦の収穫が行われる時期であることや、細長い形から「良いことが細く長く続く」という意味を込めた縁起物であるという考えがある。また、素麺が精霊馬の手綱や荷物を縛るための紐になるとの考えもある。

地方のお盆

長崎県の五島列島などでは、お盆の時期にお墓で派手に花火を行う。花火には故人を喜ばせるという意味と、派手な音で悪魔を振り払うという魔除けの意味がある。江戸時代からの伝統行事となっている。

岩手県の花巻市や北上市などでは、お盆の時期にお供え物として墓石の上に昆布をかける風習がある。これは古くからある風習で、長い昆布をかけることで先祖がそれをハシゴ代わりにして、お盆に帰って来るとの説がある。

瀬戸内海にある愛媛県や広島県の島などでは、盆踊りで遺影を背負って踊るという風習がある。遺影を背負うのは去年の秋以降に亡くなられた人の遺族で、亡くなられた人の御霊が子孫の人に乗り移って一体となる。死者と生者が出会って共に喜び合い、感謝し合うという意味がある。

リンクWikipedia

2019/8/14

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「歴史・文化

関連記事