北方領土の日(2月7日 記念日)

1981年(昭和56年)、日本政府が北方領土の返還運動の推進と、国民の関心と理解を深めることを目的に閣議決定にて制定。

北方領土は現在ロシア連邦が実効支配している国後島・択捉島・歯舞諸島・色丹島の4島を指し、記念日の日付は日本(江戸幕府)とロシア(帝政ロシア)で最初に国境の取り決めを行った、1855年(安政元年)の日露和親条約の締結日(新暦)に由来する。条約の正式名称は日本国魯西亜国通好条約で、日魯通好条約、下田条約とも呼ばれ、当時の日本では日魯和親条約と表記していた。この条約では北方領土が日本の領土として認められていた。

毎年「北方領土返還要求全国大会」が東京で開催されるほか、この日を中心に全国各地で講演会や研修会、パネル展、返還実現のための署名活動などさまざまな取組が行われている。

北方領土返還を訴える函館市の看板
北方領土返還を訴える函館市の看板

リンク:内閣府Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事