ドリカムの日(7月7日 記念日)

日本を代表するアーティストの「DREAMS COME TRUE」(中村正人、吉田美和)。その二人が所属するユニバーサルミュージック合同会社が制定。

日付は「七夕」の日は「夢が叶う」日にとの思いから。「DREAMS COME TRUE」には映画の主題歌『7月7日、晴れ』(1996年)の大ヒット曲もある。アーティスト名の「DREAMS COME TRUE」が示すように一年に一度「夢が叶う」日にとの二人の願いが込められている。

記念日は2016年(平成28年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。この日は、ベスト・アルバムなどの発売日になることが多く、また、毎年のように記念フェスが開催される。

DREAMS COME TRUE

ドリカムについて

1988年(昭和63年)1月に結成。元々は1985年から1988年にとんねるずのコンサートツアーでサポート・メンバーをしていた中村が、1988年のコンサートツアー前に吉田をバック・コーラスに招聘(しょうへい:礼を尽くして人を招くこと)したことがきっかけであった。

当初は「CHA-CHA & AUDREY's Project」(チャチャ・アンド・オードリーズ・プロジェクト)というグループ名を名乗っていたが、間もなく「夢はかなう」を意味する「DREAMS COME TRUE」に改名し、エピック・ソニー・レコードから1989年(平成元年)3月21日に、シングル『あなたに会いたくて』とアルバム『DREAMS COME TRUE』の同時リリースでCDデビューした。

1990年代にその人気は圧倒的で、シングルでは1990年(平成2年)発売の『笑顔の行方』で初のオリコンTOP10入りを果たすと、その後『決戦は金曜日/太陽が見てる』、『go for it!/雨の終わる場所』、『WINTER SONG』、『サンキュ.』、『LOVE LOVE LOVE/嵐が来る』の5作品がミリオンセラーとなり、中でも『LOVE LOVE LOVE/嵐が来る』は売上枚数240万枚以上になっている。

2006年(平成18年)に大和総研が「ドリカム人気が上がれば、株価も上昇」とする調査結果を発表した。ドリカムの人気と株価指数が、同時に上昇する確率が85%、下落で66%と高い相関関係を示したことを発見し、「身近で希望を持てるドリカムの歌詞が、景気上昇期の前向き心理と一致するのでは」と解析している。

リンクDREAMS COME TRUEWikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事