同じ選挙区に同姓同名の候補者がいたことがある

2010年(平成22年)の宮城県気仙沼市の市議選において「村上すすむ」という同姓同名の候補者がいた。

公明党の村上すすむと社民党の村上すすむであった。2人とも名字が漢字の「村上」に名前が平仮名の「すすむ」で表記も同じ。

そこで、選挙管理委員会と両陣営が話し合って、特別に投票用紙に所属政党も書きこんでもらうことで区別した。政党名が書かれていない場合はどちらの村上か不明であるが、獲得票数に従って分けられた。結果は2人とも見事当選した。

当時、社民党の村上すすむの事務所に公明党の村上すすむのお弁当が間違えて配達されたという同姓同名ならではのハプニングもあった。

2017/8/17

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「歴史・文化

関連記事