納豆が綺麗に容器に入っている理由

食べる美容液とも言われる納豆。血液サラサラにする酵素「ナットウキナーゼ」やヒアルロン酸の10倍の保水力を誇る「ポリグルタミン酸」などを含んでいる。

だるま納豆
画像元:さらたび。

今回は納豆の容器についてのお話である。当たり前のように思えることだが、納豆のパックを開けてみると全ての納豆がとても綺麗に入れられている。しかし、実際にネバネバの納豆をパックに入れてみようとしても綺麗に入らない。なぜ、納豆は綺麗にパックに充填できるのか。

それはネバネバの納豆をパックに詰めるわけではないからである。製造過程としては、茹でた大豆に納豆菌が含まれた液体をかけて、その後パックの中で発酵させている。つまり、納豆はネバネバする前に容器に充填しているため、綺麗に入れることができる。パックの中で発酵させるため、パックの蓋の部分には納豆が発酵に必要な空気を取り入れる小さな穴が開いている。

2018/7/26

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「食べ物

関連記事