長時間のスマホの使用で口臭が悪化する

近年、利用者が急増しているのがスマホゲームで、ゲーム人口は3,000万人以上とも言われている。そんな大人気のスマホゲームだが、熱中して長時間やり続けると口臭が酷くなる。

口臭の悪化には唾液の分泌が大きく関係している。スマホゲームをしている時、下を向く格好になり、顎の下にある唾液腺を圧迫してしまう。唾液腺は哺乳類には耳下腺・顎下腺・舌下腺などがある。

唾液腺
画像元goo辞書

その中の顎下腺を圧迫する事になり、それにより唾液が十分に出てこない状態になる。唾液が出ないと口の中が乾燥し、衛生状態が良くない状況になる。そして、口の中で雑菌が繁殖して、結果的に口臭の悪化につながる。

もちろんスマホゲームだけでなく、長時間スマホを使用する時も同じで、普段は口臭が酷くない人でも2時間スマホを使用した後には口臭が悪化してしまう。口が臭くならないようにするためには、30分から1時間ほどゲームをしたら、顎の下の唾液腺をマッサージしたり、こまめに水分補給をしたり、ガムを噛んだりして口が乾かないようにするのが良い。

2018/9/21

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事