ブルガリの綴りが「BVLGARI」の理由

木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKoki,が、世界最年少アンバサダーに就任した事でも話題のブルガリ(BVLGARI)。そのブルガリに関する素朴な疑問である。

ブルガリは、ギリシャ系イタリア人のソティリオ・ブルガリが1884年にイタリアのローマに創業した高級宝飾品ブランドである。ブルガリのアルファベット表記は「BVLGARI」だが、これでは「ブルガリ」とはなかなか読めない。

ブルガリ

時代をさかのぼってみると、1905年当時は「S.BULGARI」と表記していた。昔は「BULGARI」だが、現在は「BVLGARI」で、「U」が「V」に変わっている。その理由は「U」は古代ローマ字には無かった文字だからである。ブランドとして伝統を打ち出すために、昔からあるものを使った方が良いという考えで、1934年に「U」を古代から使われている「V」に変えた。BVLGARIの「V」は歴史や伝統を表現している。

古代ローマには存在しなかったアルファベットの「U」。古代ローマの偉人・大帝コンスタンティヌス1世の名前を見ても「CONSTANTINVS」と「U」ではなく「V」が使われている。また、古代ローマ字は「U」のほかに「J」「W」のアルファベットがなく、小文字もなかった。

リンク:ブルガリWikipedia

2018/10/15

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「歴史・文化

関連記事