人気宿が満室でもまだ泊まれるテクニック

旅行に行く際に宿泊サイトで宿を探しても、どこも満室になっている場合がある。旅行シーズンだと宿を取るだけで一苦労する。

泊まりたい宿が満室になっていたとしても諦めるのはまだ早く、まだ泊まれかもしれないテクニックがある。

旅館・民宿

1つ目のテクニックは「宿泊予定の4日前に空室を確認する事」である。これはキャンセル料が関係していて、キャンセル料が発生するのは3日前からという宿が多いため。そこで狙うのが、ギリギリまでねばっても都合が合わなかった人たちがキャンセル料の発生しない4日前にキャンセルする事。一度は満室だった宿でも空室が出る可能性が高いのが4日前である。

2つのテクニックは「宿に直接電話をかけて確認する事」である。宿泊サイトでは満室と表示されていても、宿に電話で問い合わせると空室が残っている場合がある。これはネット予約枠と電話予約枠でそれぞれ部屋を確保している事があり、ネットでは満室でも電話だと予約が取れる可能性がある。

2018/10/20

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事