頼みごとは相手の右耳へ話しかける方がいい

大切な相手とのデートや仕事の話、友人との相談などで、頼みごとをする時、成功率が上がる秘策がある。それが右耳に話しかける方法である。

頼みごと

人間の脳は右耳で聞いたことは左脳に、左耳で聞いたことは右脳にいき、交差すると言われている。そして、左脳は論理的、右脳は感情的な判断をする。右耳からの情報は受け入れるスタンスで、左耳からの情報は一旦拒否的に伝わる。左脳と右脳で受容の仕方が違い、右耳から入れて左脳に判断させた方が相手が受け入れやすい。

これはイタリアの学者が行った実験が根拠になっている。調査員があるクラブで「タバコを1本ください」と頼んだところ、左から頼むと17/88人、右から頼むと34/88人という結果になり、左から頼むより右から頼んだ方が成功率が2倍と高かった。

2018/10/26

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事