スマホには50日間の行動履歴が残っている

いつどこにいたかという個人情報はスマホに履歴が残っており、スマホを見るだけで過去50日分どこにいたかが分かる。

スマホ

これはどのスマホにも付いている機能で、行った場所の日付や地名が履歴として保存されている。それは「位置情報機能」で、警察はこのデータを裏付け捜査に使用すると言われている。

位置情報機能は、写真を撮った場所や日付を記録したり、地図を利用した時に働き、現在地を正確に検出する機能である。この位置情報機能がオンになっていると、GPSと近くにあるWi-Fiの2つのデータを基に、訪れた場所と滞在時間が行動履歴として記録される。

例えば、iPhoneの場合は「設定→プライバシー→位置情報サービス→システムサービス→利用頻度の高い場所」の順に進めると、50日分の訪れた場所と時間の情報を見ることができる。履歴を記録したくない場合は位置情報機能をオフにすればよい。また、その履歴は「履歴を消去」を選択することで自ら消すこともできる。

2019/1/22

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事