プルタブ集めはリサイクル工場を困らせる

缶ジュースに必ず付いている「プルタブ」。プルタブのリサイクルといえば、プルタブをたくさん集めると車椅子に交換できるボランティア活動をイメージする人も多い。

空き缶

そんな身近なボランティア活動のプルタブ集めは、プルタブだけを持って行っても実はリサイクル工場が非常に困るという。もちろんプルタブでもリサイクルは出来るのだが、工場にとって困ることもある。

プルタブはその形がいつの間にか変わった。昔、1990年頃までは離脱できるタイプで、それが街中に落ちていれば危険だったため、当時は拾って集めることに意味があった。

そのこともあって、企業が工夫をして、ステイオンと呼ばれる取れない形になった。そのため、本当ならリサイクルにはそのまま出せばよい。アルミ缶のプルタブの形状が変わった現在において、プルタブを外してリサイクルに出す必要がなくなった。

もしプルタブを外してリサイクル工場に渡すと、使用済みのアルミ缶を選別する工程において、プルタブはその細かさから選別ラインの中でゴミとして排出されてしまう。プルタブは外さずにアルミ缶に付けたままリサイクルしたほうが効率がよく、確実に再利用される。

リンク:Wikipedia

2019/2/5

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事