ハリケーンは女性の名前を付けると被害が大きい

カトリーナやチャーリー、サンディー、デイビッドなどアメリカの台風「ハリケーン」には人の名前が付けられている。

ハリケーン・カトリーナ

ハリケーンの名前はアメリカの国立ハリケーンセンターによって付けられる。その命名にはルールがあり、1979年以前は女性の名前を付けていた。しかし、男女同権に反するということで、1979年から男性名と女性名を交互に付ける決まりになっている。

つまり、近年ではハリケーンの名前は毎年規則的に付けられているだけである。しかし、女性名のハリケーンの方が男性名より圧倒的に被害が大きいという結果がある。過去、アメリカに上陸したハリケーンによる死亡者数を見てみると、上位10件のうち8件が女性名である。

ハリケーンによる死亡者数
性別名前読み方死亡者数
1Katrinaカトリーナ1833
2Audreyオードリー416
3Camilleカミール256
4Dianeダイアン200
5Sandyサンディー159
6Irmaイルマ129
7Agnesアグネス117
8Harveyハービー103
9Ikeアイク84
10Betsyベツィー75

男女の名前を交互に付けているはずなのに、何故このような事態になるのか。

それは女性名と男性名だと、女性の名前の方が穏やかな印象を与える。その穏やかな印象につられてハリケーンに対する準備が疎かになる。男性名の強そうな名前のハリケーンが来たとなれば、すぐに逃げなければという思いになる。女性の名前のイメージから油断してしまい、避難が遅れる傾向があるため、女性名のハリケーンは被害が大きいと考えられている。

リンク:ロイターWikipedia

2019/2/28

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「生活・科学

関連記事