神社の男と女を判別できる方法

すでに「坂道には男坂と女坂がある」ことは紹介したが、神社にも祀られている神様の性別によって「男」と「女」がある。

例えば、東京都文京区にある「湯島天満宮」は男神で学問の神様である菅原道真らを主祭神としていることから「男」。一方、千代田区にある縁結びの神社として有名な「東京大神宮」は「伊勢神宮」と同じ女神で五穀豊穣の天照皇大神らを主祭神としていることから「女」とされる。

これら神社の男と女は一目で見分けられる方法がある。日頃は気にしていないが、ある場所を見るだけで一瞬で判別ができる。それは神社の屋根の上にある「千木(ちぎ)」である。

千木の形には先端が地面に対して垂直に削られる「外削ぎ」と地面に対して水平に削られる「内削ぎ」がある。「外削ぎ」になっている神社が「男神」、「内削ぎ」になっている神社が「女神」とする説がある。

外削ぎ(男)
千木(外削ぎ)
内削ぎ(女)
千木(内削ぎ)

このように男と女で千木が分けられるようになったのは約1000年前からと言われている。最初は偶然に外削ぎに男神、内削ぎに女神が多かったが、それがいつしか確立されていったと考えられている。

ただし、これには例外もあり、例えば「伊勢神宮」では、内宮は女神の天照大御神で千木が「内削ぎ」になっているが、外宮は女神の豊受大御神だが「外削ぎ」になっている。祭神による千木の形の区別については、神社本庁の公式見解では「必ずしもそうとは限りません」と控えめな回答をしている。

リンク:Wikipedia

2019/3/22

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「歴史・文化

関連記事