ランチのクレジットカードお断りの理由

飲食店にとって忙しいランチタイム。そのランチタイムだけクレジットカードの利用ができない店も多い。

クレジットカードお断り

しかし、ランチタイムのクレジットカードお断りは店側の都合で、システム的には使おうと思えば使える。

ランチタイムは多くの店において非常に利益が薄い。そんな中でクレジットカードを使われてしまうと、カード会社に手数料として3~10%を支払わなければならない。安い値段でランチを提供しているにも関わらず、全く商売が成り立たない状況になる。

また、オフィス街のランチタイムなどはその時間帯に多くの人が集中し、店内は極めて混雑する。そんな状況においてクレジットカードの認証エラーが発生すると店も客も非常に困る。これらの理由からクレジットカードを利用不可としている店が多い。

しかし、基本的に飲食店とカード会社との契約では昼だけ使えないということはない。加盟店規約には現金払いなど他の支払い方法を促すことをしてはいけないなどと明記されており、時間帯によってクレジットカードを利用できないのは加盟店規約に違反する場合が多い。

そのため、相談してみるとクレジットカードを利用できる場合もあるが、手数料を取られる場合もあるようなのでトラブルにならないためにも注意が必要である。

2019/5/27

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「食べ物

関連記事