パン屋に導入されたAI「ベーカリースキャン」

パン屋さんはAIよりも職人の腕が物を言う世界にも思えるが、あるAIが全国約350店舗のパン屋さんに導入されている。

そのAIとはパン画像識別システム「ベーカリースキャン」(BakeryScan)で、パンを置くだけで自動で金額が分かるレジである。パンにはバーコードを付けられないため、店員が商品や金額を全て覚えなければならない。また、全て覚えたとしてもレジに行列が出来やすく、お客さんのストレスになりやすい。

ベーカリースキャン

このAIレジを導入すると、カメラの下に複数のパンを載せたトレイを置くだけで、形・色・特徴を画像で識別し、瞬時に値段をモニターに表示してくれる。店員による手打ちのレジ入力がなくなり、簡単でより正確に計算してくれる。また、その内容はお客さんにも見えるので安心できる。

ベーカリースキャン

AIレジは間違って認識しているかもしれないパンは黄色の枠で表示され、モニター上でパンをタッチすると次の候補のパン画像が表示される。正しいパンを選択すると、その結果はデータベースに反映され、識別精度が日々向上していく。あるパン屋さんでは、このAIレジを導入することで効率が良くなり、売り上げが1.4倍になったという。

このAIレジのシステムは神社でも使用されている。神社にもお守りやお札にはバーコードを付けることができないため、在庫管理などが大変という悩みがあった。このAIレジを導入することで、在庫管理を大幅に簡略化できるというメリットがある。

リンクベーカリースキャン

2019/6/7

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「食べ物

関連記事