ナビの日(7月1日 記念日)

東京都港区港南に本社を置き、詳細な地図データを基にした様々なコンテンツサービスを提供する株式会社ゼンリンデータコムが制定。

日付は長距離ドライブの機会が増える夏休みやお盆休み前であり、「ナ(7)ビ(1)」と読む語呂合わせから7月1日に。英語表記は「NAVI's Day」。快適で安全なドライブには最新版の地図データを適用したカーナビやスマホのナビが欠かせないことから、正確に案内をするナビの重要性について改めて認識してもらうことが目的。

ナビの日

記念日は2014年(平成26年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。ナビを利用することで、その便利さを再認識してもらい、ユーザーの皆様に安全で楽しい夏のドライブを体感してもらいたいという想いが込められている。

同社では、スマートフォンやPC向けサービスとして「いつもNAVI」を提供している。徒歩・電車・クルマ・自転車でのルート検索のほか、渋滞情報や乗換案内など様々な機能が詰まった高機能ナビゲーションアプリ「ゼンリンいつもNAVI [マルチ]」や、ドライブに必須な情報を搭載した通信型ナビゲーションアプリ「ゼンリンいつもNAVI [ドライブ]」など、様々な用途に適したナビのサービスがある。

いつもNAVI

リンク:ゼンリンデータコム

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事