アマニの日(7月2日 記念日)

東京都千代田区麹町に本社を置き、製粉事業・食品事業などを手がけ、「アマニ」の油や粒、粉末などを製造・販売する日本製粉株式会社(略称:ニップン)が制定。

日付は一年のほぼ「真ん中の日」であり、また雑節の「半夏生」の頃にあたり、夏の健康管理にもふさわしい日であることから7月2日に。

体内で作ることができないため必須脂肪酸と呼ばれ、健康管理に必要とされるオメガ3脂肪酸を豊富に含む「アマニ」を使った料理を食べて、健康管理や生活習慣の改善に取り組むきっかけの日としてもらうことが目的。記念日は2020年(令和2年)に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

ニップンのアマニ商品

アマニについて

「アマニ」は漢字で「亜麻仁」と書き、アマ科の一年草のアマ(亜麻)という植物の種子(仁)のことである。植物のアマには、ヌメゴマ(滑胡麻)やアカゴマ(赤胡麻)などの別称もある。成熟したアマの種子から得られる油がアマニ油であり、ヌメゴマ油やアカゴマ油とも呼ばれる。

アマニ油は食用のほか、油絵具のバインダーや、木製品・皮革の仕上げに用いられる。代表的なω(オメガ)-3脂肪酸であるα(アルファ)-リノレン酸をはじめとする不飽和脂肪酸を豊富に含み、栄養サプリメントとしても販売されている。

食用のアマニ油は、揚げ物や炒め物などの加熱調理では容易に酸化するため適していないが、癖が少ない風味であり、そのまま飲むか、でき上がった様々な料理に適量をかけて摂取するのが一般的である。

ニップンのアマニ油(オイル)は、希少なカナダ産のゴールデン種を100%使用し、丁寧に搾油して作られる。サラダやスープにかけて、またドレッシングなどにも利用できる。

ニップンのアマニ商品には、アマニ油(オイル)のほかに、アマニ油プレミアムリッチ、ローストアマニ粒、ローストアマニ粉末、アマニ粒入りふりかけ、アマニ油(オイル)入りマヨネーズ、アマニ油(オイル)入りドレッシングなどがある。ドレッシングには、和風たまねぎ・ごま・シーザーサラダ・和風ゆず醤油などの種類がある。

リンク日本製粉Wikipedia

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事