立春(2月4日頃 二十四節気)

二十四節気のひとつ。現在広まっている定気法では太陽黄経が315度のときで2月4日頃。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の「雨水」前日までである。春の始まりをを意味し、春の気が立つとして「立春」。「冬至」と「春分」の中間に当たり、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合は、この日から「立夏」の前日までが春となる。

雑節の起算日(第1日目)で、この日から数えて88日目を「八十八夜」、210日目を「二百十日」など、さまざまな行事が行われる。「立春」から「春分」の間に、その年に初めて吹く南寄り(東南東から西南西)の強い風を春一番と呼ぶ。桜の開花時期は、「立春」からの最高気温の合計が540℃という概算法がある(ほかに、元日からの平均気温の合計が600℃、2月1日からの最高気温の合計が600℃という方法もある)。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「2月の記念日」「今日は何の日

関連記事