夏至(6月21日頃 二十四節気)

「夏至(げし)」は、二十四節気のひとつ。英語では「Summer solstice」。現在広まっている定気法では太陽黄経が90度のときで6月21日頃。

芒種」と「小暑」の中間にあたる。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の「小暑」前日までである。西洋占星術では、「夏至」が巨蟹宮(かに座)の始まり。

北半球では一年のうちで昼(日の出から日没まで)が最も長く、夜が最も短くなる。日の出の時刻は4時30分頃、日没は19時頃。昼の時間は約14時間30分、夜の時間は約9時間30分となる。しかし、日本の大部分では梅雨の期間に当たり、日照時間は冬よりも短くなることも多い。

『暦便覧』には「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり」と記されている。南半球では昼と夜の長さの関係が北半球と逆転するため、この日は一年のうちで最も昼の時間が短く、夜が最も長くなる。

日本の関西地方などでは、夏バテ防止や稲の根が八方に広く張ることを願ってタコを食べる風習がある。また、日照時間の短いスウェーデンやフィンランドなどの北ヨーロッパでは、太陽の恩恵に感謝してこの日を中心に夏至祭が開催される。

「夏至」の日付は以下の通り。

  • 2016年6月21日(火)
  • 2017年6月21日(水)
  • 2018年6月21日(木)
  • 2019年6月22日(土)

リンク:Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「6月の記念日」「今日は何の日

関連記事