霜降(10月23日頃 二十四節気)

「霜降(そうこう)」は、「二十四節気」の一つで第18番目にあたる。現在広まっている定気法では太陽黄経が210度のときで10月23日頃。

寒露」(10月8日頃)と「立冬」(11月7日頃)の中間にあたる。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の「立冬」前日までである。西洋占星術では「霜降」が天蠍宮(てんかつきゅう:さそり座)の始まりとなる。

秋が一段と深まり、露(つゆ)が冷気によって(しも)となってり始める頃なので「霜降」とされる。江戸時代の暦の解説書『暦便覧(こよみびんらん)』では「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」と説明している。

楓(カエデ)や蔦(ツタ)、躑躅(ツツジ)、漆(ウルシ)、銀杏(イチョウ)などが紅葉または黄葉し始める頃。また、朝夕の気温が下がり、冬の近付きを感じる頃でもある。

この日から「立冬」までの間に吹く寒い北風を「木枯らし(凩:こがらし)」と呼ぶ。気圧配置が西高東低の冬型で、最大風速8m/s以上の北風など条件はさらに複雑だが、関東地方(東京)と近畿地方(大阪)において、毎秋最初の木枯らしを「木枯らし一号」として気象庁より発表される。

「霜降」の日付は以下の通り。

  • 2016年10月23日(日)
  • 2017年10月23日(月)
  • 2018年10月23日(火)
  • 2019年10月24日(木)
  • 2020年10月23日(金)
  • 2021年10月23日(土)

リンクWikipediaコトバンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「10月の記念日」「今日は何の日

関連記事