小雪(11月22日頃 二十四節気)

「小雪(しょうせつ)」は、二十四節気の一つで第20番目にあたる。現在広まっている定気法では太陽黄経が240度のときで11月22日頃。

立冬」(11月7日頃)と「大雪」(12月7日頃)の中間にあたる。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の「大雪」前日までである。西洋占星術では「小雪」が人馬宮(じんばきゅう:いて座)の始まりとなる。

この頃から寒くなり雨が雪へと変わることがあり、わずかながら雪が降る頃なので「小雪」とされる。『暦便覧』では「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と説明している。

気温が下がり、北の地方を中心に初雪が舞い始める。冬将軍が到来すると言われる時期で、北の地方ではコタツを押し入れから出す家が増える頃。西日本においては夏みかんを収穫する季節に入る。

「小雪」の日付は以下の通り。

  • 2016年11月22日(火)
  • 2017年11月22日(水)
  • 2018年11月22日(木)
  • 2019年11月22日(金)
  • 2020年11月22日(日)

リンクWikipediaコトバンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「11月の記念日」「今日は何の日

関連記事