記事一覧

「湯島」の地名の由来

東京都文京区にある「湯島」は文京区の南東部に位置し、湯島聖堂、湯島天満宮(通称:湯島天神)、春日局の墓所がある麟祥院、東京医科歯科大学などがある。

[続きを読む]

「阿佐谷」の地名の由来

東京都杉並区にある「阿佐谷」は杉並区の中央に位置し、町名は「阿佐谷」で、鉄道やバスの駅名は「阿佐ヶ谷」となる。町域の多くが住宅地で、駅周辺には商店街も多い。

[続きを読む]

「鷺宮」の地名の由来

東京都中野区にある「鷺宮」は「さぎのみや」と読み、中野区の北西部に位置する。町域北端に新青梅街道が、南端に西武新宿線が通る。鷺ノ宮駅周辺に商店が見られるが、主に住宅地である。

[続きを読む]

「愛宕」の地名の由来

東京都港区にある「愛宕」は「あたご」と読み、町域の大部分を愛宕山が占めている。愛宕神社、NHK放送博物館、愛宕グリーンヒルズなどがある。

[続きを読む]

「加賀」の地名の由来

東京都板橋区にある「加賀」は板橋区の東端に位置し、石神井川が中央を東西に流れ、東側にJR埼京線の線路が南北に走る。住宅地のほか、中小の工場施設が多い。

[続きを読む]

「大崎」の地名の由来

東京都品川区にある「大崎」はJR山手線の駅があり、大崎地区は東京都が指定する7つの副都心の1つである。1980年代後半から大崎駅東口地区の再開発が行われ、複合施設・大崎ニューシティ、ゲートシティ大崎などが建設された。

[続きを読む]

「清澄」の地名の由来

東京都江東区にある「清澄」は江東区深川地域内にあり、2000年の清澄白河駅の開業で交通の利便性が向上し、その後、高層マンションの建設など再開発が進んでいる。清澄庭園、清澄公園がある。

[続きを読む]

「神楽坂」の地名の由来

東京都新宿区にある「神楽坂」は「かぐらざか」と読み、早稲田通りにおける外堀通りと大久保通りの交差点の間の坂のことで、外堀通りとの交差点が「坂下」、大久保通りとの交差点が「坂上」となる。江戸の風情が残る路地が多く、人気の散策スポット。また、東京理科大学 神楽坂キャンパスがある。

[続きを読む]

「馬喰町」の地名の由来

東京都中央区にある「馬喰町」は「ばくろちょう」と読み、正式には「日本橋馬喰町」。日本橋地域の最北端に位置し、現在では「日本橋横山町」と共に問屋街として有名。

[続きを読む]

「九段」の地名の由来

東京都千代田区にある「九段」はかつて存在した町名で、「九段下駅」の駅名でも知られている。「靖国神社」や「日本武道館」(所在地は千代田区「北の丸公園」)がある。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加