宇宙の日(9月12日 記念日)

日本の科学技術庁(現:文部科学省)と文部省・宇宙科学研究所(現:国立研究開発法人・宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所)が1992年(平成14年)に制定。

1992年は世界中が協力して宇宙や地球環境について考えようという「国際宇宙年」(ISY)だった。これをきっかけに記念日が制定され、日付は一般公募で決められた。

1992年のこの日、宇宙飛行士・毛利衛さんが日本人として初めてアメリカ航空宇宙局(NASA)のスペースシャトル・エンデバーに搭乗し、宇宙へ飛び立った。また、「1992」年の「92」が「きゅうじゅうに」であり、「9月12日」の数字を並べた「912」が「きゅうじゅうに」と読めることも選定理由となった。

この国際宇宙年をきっかけに末永く宇宙の普及活動を行うことになり、以降「宇宙の日」を記念した記念イベントを毎年実施している。記念イベントとして、青少年向けイベント「ふれあいフェスティバル」や「作文・絵画コンテスト」を開催しているほか、JAXAなどが施設を一般に公開している。

絵画コンテスト作品(2017年 小学生部門グランプリ)
「宇宙の日」絵画コンテスト作品(2017年 小学生部門グランプリ)
画像元:朝日新聞デジタル

また、この「宇宙の日」と10月4日~10日までの「世界宇宙週間」を含む1ヵ月間を「『宇宙の日』ふれあい月間」として、集中して全国各地で様々な宇宙関連イベントを実施している。

リンク:ファン!ファン!JAXA!Wikipedia

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「9月の記念日」「今日は何の日

関連記事