海の日(7月第3月曜日 国民の祝日)旧:海の記念日(7月20日)

1876年(明治9年)、明治天皇の東北地方巡幸の際、それまでの軍艦ではなく、灯台巡視船「明治丸」により航海をされ、7月20日に横浜港に帰着された。

これを記念して1941年(昭和16年)に当時の逓信大臣・村田省蔵の提唱により7月20日を「海の記念日」に制定した。その後、1996年(平成8年)から国民の祝日の一つ「海の日」となり、2003年(平成15年)の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)により、7月の第3月曜日となった。

「海の日」は「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨としている。世界の国々の中で「海の日」を国民の祝日としている国は唯一日本だけである。この日には「海フェスタ」を始め、全国各地で海に関する様々なイベントが行われる。また、7月20日~31日の12日間を「海の旬間(じゅんかん)」としている。

上記の「明治丸」は灯台巡視船として日本政府がイギリスに発注した汽船で、現在は国の重要文化財に指定され、東京海洋大学の構内に保存されている。

「海の日」の日付は以下の通り。

  • 2016年7月18日(月)
  • 2017年7月17日(月)
  • 2018年7月16日(月)
  • 2019年7月15日(月)
  • 2020年7月23日(木)

2020年は東京オリンピックが開催される年であり、交通の混乱を避けるため、開会式・閉会式の前後に祝日を移すことになった。その影響で7月24日(金)の開会式の前日7月23日(木)が「海の日」となる予定である。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「7月の記念日」「今日は何の日

関連記事