「地理・地名」記事一覧

東京には名前のある坂が多い理由

東京都心には神楽坂や道玄坂、紀伊国坂、芋洗坂、九段坂、乃木坂、一口坂、富士見坂、魚籃坂、於多福坂、幽霊坂など数多くの名前の付いた坂がある。

[続きを読む]

日本一短い川・日本一落差のある滝

日本で一番短い川は、世界文化遺産の熊野古道を有する和歌山県の那智勝浦町にある。その川の名前は「ぶつぶつ川」で、全長13.5mである。

[続きを読む]

地図は北が上になった理由

日常生活で私たちが目にする地図はどれも北が上になっている。これには大航海時代の歴史と夜空に輝く星が関係している。

[続きを読む]

日本で2番目に大きい都道府県

日本で最も大きい都道府県は北海道(面積:8万3424km2)であり、これは有名である。しかし、2番目は意外と知られていない。

[続きを読む]

「八王子」の地名の由来

「八王子(はちおうじ)」は、東京都の多摩地域南西部にある人口約57万人の市の名前である。2019年(令和元年)時点で、東京都で唯一の中核市に指定されている。

[続きを読む]

日本には「セメント町」という地名がある

日本には「セメント町」という少し変わった地名がある。

[続きを読む]

沖縄のバラス島が地図に載らない理由

ここ日本で未だ地図に載っていない島が存在する。それは沖縄県の西表島と鳩間島の間に浮かぶ「バラス島」である。

[続きを読む]

火山が近くにない有馬温泉でお湯が湧く理由

日本三大名湯にも数えられる兵庫県の「有馬温泉」。日本で最も古い温泉の一つでもあり、遠い昔からお湯が湧き出している。

[続きを読む]

緑の少ない「グリーンランド」の名前の由来

デンマーク領の「グリーンランド」(Greenland)はその名前の通り「緑の島」という意味である。しかし、島のほとんどは氷で覆われ、緑の少ない島である。

[続きを読む]

香川県は2回消えて2回復活した

都道府県の県名は1回消えて復活した県はたくさんある。例えば、奈良県や富山県である。そんな中、香川県は日本で唯一県名が2回消えて2回復活している。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加