「魚へん漢字の由来」記事一覧

「鯱」(しゃち)の名前の由来

シャチは、クジラ目マイルカ科に属する哺乳類。体長は10mにもなり、非常に獰猛で、クジラも恐れるほど。そのため「海のジャング」とも呼ばれている。

[続きを読む]

「鮃」「平目」(ひらめ)の名前の由来

ヒラメは、カレイ目ヒラメ科に属する魚。広義には、ヒラメ科とダルマガレイ科に属する魚の総称。眼が体の左側であり、日本では「左ヒラメの右カレイ」といってカレイ類と区別する。

[続きを読む]

「鰈」(かれい)の名前の由来

カレイは、カレイ目カレイ科に属する魚。汽水に生息する種もいる。眼が体の右側であり、日本では「左ヒラメの右カレイ」といってヒラメ類と区別する。

[続きを読む]

「鱚」「鼠頭魚」(きす)の名前の由来

キスは、スズキ目キス科に属する魚の総称。沿岸の浅い砂地に棲み、危険を察知すると砂の中に潜る習性がある。キス類の多くは食用に利用されるほか、釣りの対象としても人気が高い。

[続きを読む]

「鮗」「鰶」「鯯」「鱅」(このしろ)の名前の由来

コノシロは、ニシン目ニシン科に属する魚。東アジアの内湾や河口の汽水域に生息する魚で、食用に漁獲される。成長するにつれ名前が変わる出世魚で、10cmほどの若魚が「コハダ」(小鰭)と呼ばれ、酢〆したものが寿司種として珍重される。

[続きを読む]

「鱸」(すずき)の名前の由来

スズキは、スズキ目スズキ科に属する魚。海岸近くや河川に生息する大型の肉食魚で、食用や釣りの対象魚として人気がある。成長につれて「コッパ」→「セイゴ」(鮬)→「フッコ」→「スズキ」と呼び名が変わる出世魚である。成長とともに沿岸、汽水域、河川に移動する習性がある。

[続きを読む]

「鱵」「細魚」「針魚」(さより)の名前の由来

サヨリは、ダツ目サヨリ科に属する魚。沿岸・汽水域の海面近くに生息し、食用魚でもある。サンマに似て細長く、下顎が上顎より長く突き出しているのが特徴。

[続きを読む]

「鮑」「蚫」「鰒」(あわび)の名前の由来

アワビは、ミミガイ科の大型の巻貝の総称。雌雄の判別は外見からではほぼ不可能で、肝ではなく生殖腺の色で見分ける。生殖腺が緑のものがメスで、白っぽいものがオスである。

[続きを読む]

「鰆」(さわら)の名前の由来

サワラは、スズキ目サバ科に属する魚。細長い体で体長1mほどの大型肉食魚で、食用に漁獲される。成長につれて「サゴシ」(40-50cm)→「ナギ」(50-60cm)→「サワラ」(60cm以上)と呼び名が変わる出世魚でもある。

[続きを読む]

「鯥」(むつ)の名前の由来

ムツは、スズキ目ムツ科に分類される魚の一種。体長60cmほどの肉食性の大型深海魚で、水深300~500mの岩礁域に生息し、食用に漁獲される。幼魚のときは内湾近くにいて、成長するにつれて沖の深海へと移動する。ムツの幼魚を「オンシラズ」と呼ぶ地方がある。これは親と離れていくから「恩知らず」という意味である。

[続きを読む]

「鮒」「鯽」(ふな)の名前の由来

フナは、コイ目コイ科フナ属に分類される淡水魚。日本を含むユーラシア大陸に広く分布し、流れのゆるい川や浅い湖沼に生息する。コイに似ているがひげがなく、体高が少し高い。

[続きを読む]

「鱒」(ます)の名前の由来

マスは、サケ目サケ科に属し、日本語名に「マス」がつく魚のこと。魚の俗称であって標準名ではない。サクラマスやカラフトマスを一般にマスということが多い。川で生まれて海に下り、再び川をさかのぼる習性がある。

[続きを読む]

「鯒」「牛尾魚」(こち)の名前の由来

コチは、カサゴ目コチ科に属する魚の総称。狭義にはマゴチを指す。体も頭も扁平で、口も平たく広い。中国では全体を牛の尻尾や鞭に見立てて、「牛尾魚ぎゅうびぎょ」または「鞭子魚べんしぎょ」という。

[続きを読む]

「鰕」「蝦」「海老」(えび)の名前の由来

エビは、節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)十脚目(エビ目)のうち、ヤドカリ下目とカニ下目以外の全ての総称である。この定義では、ザリガニ、アナジャコ(シャコとは別)なども含まれる。

[続きを読む]

「魷」「烏賊」(いか)の名前の由来

イカは、軟体動物のイカ類の総称。分類学上は軟体動物門頭足綱十腕形上目(または十腕形目)とされる。コウイカ、ヤリイカ、スルメイカ、アオリイカなど多くの種類がある。

[続きを読む]

「鰒」「鯸」「魨」「河豚」(ふぐ)の名前の由来

フグは、フグ目、特にフグ科に属する魚の総称。およそ120種の魚がフグ科に分類される。そのうち食用とする種として、トラフグ、マフグなどが有名。敵を威嚇するために体を膨らませる習性がある。

[続きを読む]

「鱈」「鰔」「大口魚」(たら)の名前の由来

タラは、タラ目タラ科に属する魚の総称。北半球の寒冷な海に分布する肉食性の底生魚で、重要な水産資源となる魚が多い。日本近海では北日本沿岸にマダラ・スケトウダラ・コマイの3種類が分布する。

[続きを読む]

「鯣」「鰑」「寿留女」(するめ)の名前の由来

スルメは、イカの内臓を取り除いて素干しや機械乾燥などで乾燥させた加工食品。古くから日本・朝鮮半島・中国南部および東南アジアにおいて用いられている食品で長期保存に向いている。

[続きを読む]

「鰶」「秋刀魚」(さんま)の名前の由来

サンマは、ダツ目サンマ科に属する魚。北太平洋に広く生息する。食用とされ、特に日本では秋の味覚を代表する大衆魚である。

[続きを読む]

「魛」「太刀魚」「立魚」(たちうお)の名前の由来

タチウオは、スズキ目タチウオ科に属する魚。別名にタチノウオ、タチ、ハクナギ、ハクウオ、サワベル、シラガなどがある。種々の調理法で食用にする。また娯楽としての釣りの対象ともなる。体は帯のように平たくて長く、尾は紐のように細い。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加