「麹町」の地名の由来

東京都千代田区にある「麹町」は旧麹町地区にあたる麹町地域の西側に位置し、渋谷区(四谷)との区境にあたる。大使館やオフィスビルが町域の多くを占める。

麹を造っていた場所

1590年(天正18年)、家康が江戸城に入った直後に開かれた町で、この地に麹を造る家が数戸あったことに由来する。付近の尾張藩麹町邸跡などで麹室が発掘されている。他にも、町内に小さな路地「小路こうじ」が多かったためという説もある。


大きな地図で見る

「麹町」のデータ

人口2,273 人(2013年1月1日時点)
郵便番号102-0083
区域一丁目~六丁目
東京メトロ有楽町線「麹町駅」、東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「千代田区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事