「高田馬場」の地名の由来

東京都新宿区にある「高田馬場」はJR山手線の駅名や手塚治虫の仕事場があった場所、また代表作である「鉄腕アトム」の「アトム生誕の地」としても知られている。

馬場のあった場所

もともと広い芝野であったが、1636年(寛永13年)、三代将軍徳川家光の命でこの地に馬場(馬術の訓練場)が築かれた。「高田」の由来はこの辺りが高台にあったという説や、徳川家康の側室であり、六男松平忠輝の生母である高田の君(茶阿局ちゃあのつぼね)が、この辺りを遊覧したことに由来するという説がある。

JR山手線の発車ベル

話は変わるが、高田馬場がアトム誕生の場所という設定になっていること、手塚プロダクションの本社が高田馬場にあることに因み、山手線高田馬場駅の発車ベルは鉄腕アトムの主題歌のメロディーになっている。


大きな地図で見る

「高田馬場」のデータ

人口11,412 人(2012年12月1日時点)
郵便番号169-0075
区域一丁目~四丁目
JR山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線「高田馬場駅」

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「新宿区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事