「余丁町」の地名の由来

東京都新宿区にある「余丁町よちょうまち」は新宿区の東部に位置し、牛込地区に属する。

大久保四丁町に由来する

江戸時代当初は大久保村の中にあり、後に旗本の組屋敷となった。その地に横町が四本あったことから「大久保四丁町」と呼ばれていたが、1872年(明治5年)に大久保前町と合併した際に縁起の悪い「四」を「余」に改めて「大久保余丁町」としたことに由来する。

『断腸亭日乗』の永井荷風が約10年住んだ町。また坪内逍遥もこの地に住み、演劇研究所を設置した。その第一期生に松井須磨子がいた。


大きな地図で見る

「余丁町」のデータ

人口4,034 人(2013年1月1日時点)
郵便番号162-0055
区域余丁町のみ
なし

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「新宿区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事