「生き物」記事一覧

世界最大の植物の種はオオミヤシの種

ヤシ科のオオミヤシ(フタゴヤシ)は西インド洋のセーシェル諸島の原産で植物界最大の種を持つ。

[続きを読む]

世界に1頭だけ白と茶色のパンダがいる

パンダといえば白と黒色の模様で人気があり、2017年(平成29年)6月12日に東京・上野動物園でジャイアントパンダの子どもが生まれ話題となっている。

[続きを読む]

ワカメは世界の侵略的外来種ワースト100に選ばれている

ワカメはもともとアジア周辺にしか生息しておらず、食べる文化があるのは日本や韓国など少数である。

[続きを読む]

ペンギンは夫婦になると一生連れ添う

離婚率は3%といわれるほど、ペンギン夫婦の絆はとても強い。

[続きを読む]

日本で生まれたパンダの子どもにもレンタル料がかかる

2017年(平成29年)6月12日に東京・上野動物園でジャイアントパンダの子どもが生まれ話題となっているが、この子どもにもレンタル料はかかる。

[続きを読む]

カラフルなバラは色水を吸わせて作っている

愛知県にある花屋「花模様」の店長がカラフルなバラを作っている。このバラは「レインボーローズ」と呼ばれ、花言葉は「奇跡」である。

[続きを読む]

かつてニュージーランドには白い花しかなかった

ニュージーランドは今から約1億年前に巨大なゴンドワナ大陸から分裂してできた。他の陸地とは海で隔てられていたこともあり、独自の進化を遂げた動植物を数多く見ることができる。

[続きを読む]

毛ガニより毛深い「ケブカガニ」がいる

ケブカガニ科のケブカガニは、毛ガニよりも体が小さいが、体全体が毛深くフサフサしている。

[続きを読む]

水族館にイカが少ない理由

水族館にはたくさんの種類の魚がいるが、イカの展示はあまりない。

[続きを読む]

水族館の水槽はエイのおかげでキレイ

水族館の水槽には白砂が敷き詰められている。白砂は魚を綺麗に見せる反面、コケが生えると目立ってしまう。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加