「練馬」の地名の由来

東京都練馬区にある「練馬」は区名でもあり、地域名として使用されることが多いが、町名としても存在する。練馬駅や豊島園駅、練馬総合運動場がある。

赤土の「練り場」に由来する

粘性質の高い関東ローム層の赤土を練るための場所があり、「練り場」に由来するという説がある。他にも、この地は低地で昔は沼地であり、奥の方の沼という意味の「根沼ねぬま」に由来するという説もある。どちらにしてもこの土地の性質に由来する地名である。町名の「練馬」はもとは「南町」の一部であったが、1963年(昭和38年)に練馬区に練馬という地名があってもよいという見解で「練馬」の町名が誕生した。


大きな地図で見る

「練馬」のデータ

人口14,448 人(2012年12月1日時点)
郵便番号176-0001
区域一丁目~四丁目
西武池袋線・西武豊島線・西武有楽町線・都営地下鉄大江戸線「練馬駅」、西武豊島線・都営地下鉄大江戸線「豊島園駅」
※大江戸線「練馬駅」の所在地は練馬区豊玉北

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「練馬区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事