「駒込」の地名の由来

東京都豊島区にある「駒込こまごめ」は豊島区の北部・駒込台地に位置し、JR山手線の駅がある。六義園りくぎえんや旧古川庭園などの名所があり、散策コースとして人気。

日本武尊が訪れた場所

「駒込」の地名があるのは戦国時代からで、「こまごみ」とも呼ばれた。日本武尊ヤマトタケルノミコトが東征の際に味方の軍勢を見て、「駒込みたり」といったことに由来する説がある。他にも、「駒」は馬、「込」は多く群がっていることを意味し、原野に馬が群がっていたことに由来する説などがある。かつては豊島郡駒込村で文京区を含んでおり、その一部が現在の文京区本駒込である。


大きな地図で見る

「駒込」のデータ

人口16,897 人(2012年11月1日時点)
郵便番号170-0003
区域一丁目~七丁目
JR山手線・東京メトロ南北線「駒込駅」

「本駒込」のデータ

人口24,634 人(2013年1月1日時点)
郵便番号113-0021
区域一丁目~六丁目
東京メトロ南北線「本駒込駅」
※所在地は文京区向丘
※本駒込は文京区

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「豊島区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事