「信濃町」の地名の由来

東京都新宿区にある「信濃町しなのまち」は新宿区の南部に位置し、JR中央線の信濃町駅がある。

信濃守に由来する

江戸時代、幕府の重臣で信濃守の永井尚政の下屋敷がこの地域一帯にあったことに由来する。現在、外苑東通りを境界として西側には慶應義塾大学病院、東側には創価学会の関連施設が多く見られる。


大きな地図で見る

「信濃町」のデータ

人口977 人(2013年1月1日時点)
郵便番号160-0016
区域信濃町のみ
JR中央・総武線「信濃町駅」

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「新宿区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事