「紀尾井町」の地名の由来

東京都千代田区にある「紀尾井町きおいちょう」は千代田区の西部に位置し、港区(赤坂・元赤坂)と新宿区(四谷)の区境にあたる。上智大学 四谷キャンパスがあるほか、主に商業地域になっており、オフィスと住宅の複合型ビル・紀尾井町ビルやホテル・ニューオータニがある。

三家の名前に由来する

町名は付近にある紀尾井坂に由来する。江戸初期、この地には参勤交代のための大名屋敷が置かれ、州藩徳川家、張藩徳川家、彦根藩伊家の屋敷があった。紀尾井坂の名前は、この三家から一文字ずつをとって名付けられた。幕末の1856年(安政3年)の江戸切絵図に紀尾井坂を確認することができ、1872年(明治5年)、「紀尾井町」という町名が誕生した。


大きな地図で見る

「紀尾井町」のデータ

人口301 人(2013年1月1日時点)
郵便番号102-0094
区域紀尾井町のみ
なし

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「千代田区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事