「小石川」の地名の由来

東京都文京区にある「小石川こいしかわ」は文京区の中央に位置し、北側を大塚千石白山と、南側を西片本郷春日小日向と接する。

小石が多い川に由来する

小石が多い川が流れていたことに由来する説がある。他にも、鎮座する白山権現が加賀国石川郡から勧請されたためという説もある。江戸時代、この地は小石川村と呼ばれ、大名などが別邸を置いていた。

後楽一丁目にある小石川後楽園は、江戸時代には水戸藩主・徳川頼房の上屋敷があった。白山三丁目にある小石川植物園は、江戸時代は小石川薬園で薬になる植物を育てていた。また、薬園内に無料の診療所を設け、これが小石川養生所であった。


大きな地図で見る

「小石川」のデータ

人口20,935 人(2013年1月1日時点)
郵便番号112-0002
区域一丁目~五丁目
なし

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー「文京区の地名の由来」「東京の地名の由来

関連記事