「食べ物」記事一覧

ティーカップに皿がつく理由

一般的に紅茶を飲むためのティーカップ(teacup)にはソーサー(saucer)と呼ばれる受け皿が付属している。

[続きを読む]

ラーメン丼にぐるぐる模様がある理由

ラーメンを食べる多く器には、縁(ふち)の部分にぐるぐる巻きの「雷紋(らいもん)」と呼ばれる模様が入っている。

[続きを読む]

コンニャクの黒いツブツブは何か

一般的な「コンニャク」は全体的に黒っぽい色をしていて、中に黒いツブツブが入ったものが多く見られる。このツブツブは「ヒジキなどの海藻」である。

[続きを読む]

「桔梗信玄餅」メーカー推奨の食べ方

「桔梗信玄餅(ききょうしんげんもち)」は、山梨県笛吹市の製菓メーカー・桔梗屋(ききょうや)が製造・販売する土産菓子である。

[続きを読む]

「唐揚げ専門店」が出店する場所の特徴

最近ではコロナ禍のテイクアウト需要もあり、全国的に「唐揚げ専門店」が大幅に増加した。その出店場所にはある特徴がある。

[続きを読む]

「お茶づけ海苔」のアラレは乾燥剤

永谷園の「お茶づけ海苔」は1952年(昭和27年)に発売が開始され、2021年(令和3年)時点で出荷累計250億食を超える大ヒット商品である。

[続きを読む]

「生ハム」が腐らない理由

「生ハム」とは、豚のもも肉を塩漬けして低温で燻煙(くんえん:煙でいぶすこと)した加工食品で、作る時に加熱や煮沸を行わないのが特徴である。

[続きを読む]

イタリア料理にトマトが欠かせない理由

トマトソースのパスタやピッツァなど美味しいイタリア料理にはトマトが欠かせない。イタリアでトマトが食べられるようになった一説について確認してみる。

[続きを読む]

ミモレットチーズを日本に広めた出来事

近年、スーパーなどでも見かけるようになった「ミモレットチーズ」は、フランスまたはオランダが原産とされるハードタイプのチーズである。

[続きを読む]

「羽根つき餃子」誕生のきっかけ

今ではすっかり定番となった「羽根つき餃子」は、餃子の聖地とも言われる東京都大田区蒲田で生まれたとされる。

[続きを読む]

「うなぎパイ」と「浜松餃子」の関係

「うなぎパイ」は、静岡県浜松市中区に本社を置く春華堂(しゅんかどう)が製造・販売するお菓子であり、浜松の名産品として全国で広く知られる。

[続きを読む]

「柿の種」の形と名前の由来

「柿の種」といえば細長い三日月形が特徴的である。その「柿の種」の形と名前の由来についての逸話である。

[続きを読む]

肉屋でコロッケを販売している理由

「肉屋のコロッケ」は安くて美味しいが、なぜ日本の肉屋ではコロッケを販売しているのか。その歴史を確認してみる。

[続きを読む]

「レバニラ」と「ニラレバ」の違い

「レバニラ炒め」とは、レバーとニラを炒め、塩や醤油などで味付けをした中華料理である。この料理は「ニラレバ炒め」とも呼ばれる。

[続きを読む]

脂がのった食べ物が美味しい理由

牛肉のカルビやマグロのトロなど脂がのっている肉や魚を食べると人は美味しいと感じる。しかし、肉の脂身だけを食べてもあまり美味しいとは感じない。

[続きを読む]

「福神漬け」とは何の漬物か

「福神漬け」は、ダイコンやナス、レンコン、キュウリ、シイタケなどの野菜類を醤油や砂糖、みりんなどで味付けをして作られる漬物である。

[続きを読む]

魚料理に赤ワインが合わない理由

一般的に「肉には赤ワイン、魚には白ワイン」と言われるように、魚料理と赤ワインは相性が良くないとされる。

[続きを読む]

中国料理を回転テーブルで食べる理由

日本の中国料理店には「回転テーブル」が置いてあることが多い。それは大皿に盛られた料理を取り分ける時などに便利である。

[続きを読む]

「大根おろし」が辛い理由

「大根おろし」とは、大根の根部をおろし器を用いてすりおろしたものである。主に魚料理の付け合せや薬味として使われる。

[続きを読む]

「バニラアイス」の「バニラ」とは何か

アイスクリームのフレーバー(香料)として、バニラ、チョコレート、ストロベリー、抹茶、キャラメル、マンゴーなどがある。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加