「食べ物」記事一覧

スイカに黒い縞模様がある理由

スイカは、ウリ科のつる性一年草で、現在では果実を食用にするために広く栽培されている。漢字では「西瓜」、英語では「watermelon」である。

[続きを読む]

「片栗粉」の「片栗」とは何か

「片栗粉(かたくりこ)」は、竜田揚げ・から揚げなどの揚げ物の衣や、水溶き片栗粉にして中華料理でとろみをつける時などに使用される。

[続きを読む]

「びっくりドンキー」の外観は全て違う

「びっくりドンキー」は、1968年(昭和43年)12月に創業したハンバーグレストランで、今や全国に330もの店舗を展開する。

[続きを読む]

栃木県の幻のイチゴ「とちひめ」

栃木県のブランドイチゴとして有名な品種に「とちおとめ」がある。その「とちおとめ」よりも甘くて大粒ともされる「とちひめ」というイチゴが存在する。

[続きを読む]

ウイスキーが琥珀色になった理由

現在造られているウイスキーのほとんどは琥珀色をしているが、実は元々ウイスキーは無色透明だった。これには密造酒が関係している。

[続きを読む]

「チャーハン」と「ピラフ」の違い

日本で人気の米料理として「チャーハン(炒飯)」と「ピラフ」がある。これらは似た料理に思えるが、違いを挙げるとすればそれは作り方である。

[続きを読む]

食糧危機を救う「代用肉ハンバーグ」

2020年(令和2年)現在、世界の人口は約77億人だが、30年後の2050年には約97億人にまで増えるという予想がある。

[続きを読む]

生きた「神戸牛」は存在しない

日本を代表する高級ブランド「神戸ビーフ」は正式名称であり、一般的には「神戸牛(こうべうし・こうべぎゅう)」とも呼ばれる。

[続きを読む]

「油揚げ」が生み出された理由

「油揚げ」とは、元々は油で揚げた食べ物を意味したが、現在では薄切りにした豆腐を油で揚げたものを意味する。

[続きを読む]

「かぶら寿司」でブリをかぶに挟む理由

「かぶら寿司」は石川県の名産で、かぶに切り込みを入れてブリ(鰤)を挟み、麹で漬け込む伝統的な料理。乳酸発酵させる「なれずし」の一種である。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加