「食べ物」記事一覧

ピンク色の醤油「華貴婦人」と赤ビーツ

一般的な醤油は黒い色をしているが、ピンク色の醤油もある。「ピンク醤油 華貴婦人」という名前の醤油で、若い女性などに人気があるという。

[続きを読む]

インスタントラーメンを食べる国ランキング

インスタントラーメンは日本で誕生し、今では世界中で食べられている。そんなインスタントラーメンを多く食べている国のランキングである。

[続きを読む]

長さが1mを超える「大塚にんじん」

普通のニンジンは長くても20cm程だが、日本には長さ1mを超えるニンジンがある。それが山梨県の「大塚にんじん」である。

[続きを読む]

寿司屋の名前に3文字が多い理由

寿司屋の名前には「寿司大」や「杉むら」「すし大」「玉寿司」「新太郎」「玄海鮨」「おじま」「かつら」「すし庄」のように3文字の店名が最も多い。

[続きを読む]

刺身の「一点盛り」と「盛り合わせ」の違い

スーパーで販売されている刺身には一品だけがパックされている「一点盛り」と数種類の刺身が入った「盛り合わせ」がある。

[続きを読む]

ピーマンの袋詰めを一定の重さにできる理由

スーパーでよく見かける袋詰め野菜は、ニンジンやキュウリは3本入りなど個数単位で販売されている。しかし、ピーマンは4個や5個入りなど袋に入っている個数が違う。

[続きを読む]

カップ焼きそばだけ内側がツルツルの理由

昔からスーパーやコンビニでお馴染みの定番商品「カップ焼きそば」。日本人の年間消費量は5億2000万食にもなる。

[続きを読む]

日本の餃子にニンニクが入っている理由

日本の餃子にはニンニクが入ることが多いが、本場・中国の餃子にはニンニクは入っていない。これには深い理由がある。

[続きを読む]

日本から寿司屋が消滅したことがある

1800年頃に江戸前寿司が誕生してから、たった一度だけ日本中から寿司屋が本当に消滅したことがある。それは日本の戦後の歴史と関係がある。

[続きを読む]

ウインナーが2個セットで販売される理由

スーパーで売られているウインナーはその多くが2個セットで販売されている。これには主に2つの理由がある。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加