「食べ物」記事一覧

夏みかんは冬に収穫するから美味しい

こたつでみかんを食べるのは冬の風物詩である。冬に旬を迎えるのは「温州みかん」などの「冬みかん」。一方、みかんには「夏みかん」もある。

[続きを読む]

肉じゃがはビーフシチューの失敗作という説

肉じゃがは、日本の煮込み料理の一つである。その肉じゃがは、ビーフシチューを作ろうとして失敗してできた料理だったという説がある。

[続きを読む]

仙台にはご当地グルメ「マーボー焼きそば」がある

ご当地グルメは全国各地にあり、北海道の「ジンギスカン」、秋田県の「きりたんぽ鍋」、奈良県の「柿の葉寿司」、愛知県の「ひつまぶし」などが有名である。

[続きを読む]

お弁当のごはんが左から右に変わった理由

お弁当のごはんの位置といえば左下に詰められているのが一般的だった。そのごはんの位置が最近「左」から「右」に変わってきている。

[続きを読む]

餃子の王将は今と昔でキャベツの鮮度が違う

「餃子の王将」は、京都府京都市山科区に本社を置く株式会社王将フードサービスが全国展開する中華料理チェーンである。

[続きを読む]

旅館の饅頭は風呂の前に食べると良い

温泉旅館の部屋には茶菓子の「饅頭」が置いてあるが、これは温泉に入る前に食べると良い。また、一緒に飲む「お茶」も温泉の前に飲むと嬉しい効果が期待できる。

[続きを読む]

りんごジュースの多くは外国産のりんごを使用

国内製造の「りんごジュース」の場合、国産のりんごを使用していると思いがちだが、その多くは外国産のりんごを使用している。

[続きを読む]

カレーが広まったきっかけは食品偽装事件

日本人ひとり当たりが1年間でカレーを食べる回数は平均73回であり、カレーは国民食であると言える。しかし、カレーが日本の国民食になったのは食品偽装事件がきっかけだった。

[続きを読む]

冷凍エビフライの衣の量で日本中が大論争だった

最近は冷凍技術の進歩により美味しい冷凍エビフライを自宅でも食べられるようになった。しかし、過去を振り返ってみると冷凍エビフライの衣の量で日本中が大論争になった事がある。

[続きを読む]

ナタ・デ・ココでガンを発見できる

ナタ・デ・ココは、ココナッツの汁を発酵させたゲル状のもので、フィリピン発祥の伝統食品である。酢酸菌の一種で「ナタ菌」と呼ばれる細菌を加え、発酵させて作られる。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加