「食べ物」記事一覧

食糧危機を救う「代用肉ハンバーグ」

2020年(令和2年)現在、世界の人口は約77億人だが、30年後の2050年には約97億人にまで増えるという予想がある。

[続きを読む]

生きた「神戸牛」は存在しない

日本を代表する高級ブランド「神戸ビーフ」は正式名称であり、一般的には「神戸牛(こうべうし・こうべぎゅう)」とも呼ばれる。

[続きを読む]

「油揚げ」が生み出された理由

「油揚げ」とは、元々は油で揚げた食べ物を意味したが、現在では薄切りにした豆腐を油で揚げたものを意味する。

[続きを読む]

「かぶら寿司」でブリをかぶに挟む理由

「かぶら寿司」は石川県の名産で、かぶに切り込みを入れてブリ(鰤)を挟み、麹で漬け込む伝統的な料理。乳酸発酵させる「なれずし」の一種である。

[続きを読む]

ブラックタイガーが安くて美味しい理由

スーパーなどでよく見かける「ブラックタイガー」は、和名が「ウシエビ(牛海老)」で、十脚目クルマエビ科に属するエビである。

[続きを読む]

中華料理店に「○○軒」が多い理由

昭和時代からある昔ながらの町の中華料理店を「町中華」と呼ぶ。そんな町中華の店名には「○○軒」が多い。

[続きを読む]

「ソーセージ」と「ウインナー」の違い

「ソーセージ」や「ウインナー」「フランクフルト」という名前の食品があるが、これらの違いについて確認してみる。

[続きを読む]

カレーパンを揚げる理由

「カレーパン」は、カレーを具とする調理パンで、衣を付けて揚げて作られることが多い。パンの中でも人気のある惣菜パンである。

[続きを読む]

おでん用ちくわの模様が違う理由

「ちくわ」には、生で食べることの多い「普通のちくわ」と「おでん用のちくわ」があり、それぞれ模様が違う。なぜ模様が違うのか。

[続きを読む]

「すき家」の外壁がレンガ造りの理由

牛丼チェーン店「すき家」の店舗の壁には本物の「レンガ」が使用されている。なぜレンガ造りなのか。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加