記事一覧

「鱒」(ます)の名前の由来

マスは、サケ目サケ科に属し、日本語名に「マス」がつく魚のこと。魚の俗称であって標準名ではない。サクラマスやカラフトマスを一般にマスということが多い。川で生まれて海に下り、再び川をさかのぼる習性がある。

[続きを読む]

「鮒」「鯽」(ふな)の名前の由来

フナは、コイ目コイ科フナ属に分類される淡水魚。日本を含むユーラシア大陸に広く分布し、流れのゆるい川や浅い湖沼に生息する。コイに似ているがひげがなく、体高が少し高い。

[続きを読む]

「鯥」(むつ)の名前の由来

ムツは、スズキ目ムツ科に分類される魚の一種。体長60cmほどの肉食性の大型深海魚で、水深300~500mの岩礁域に生息し、食用に漁獲される。幼魚のときは内湾近くにいて、成長するにつれて沖の深海へと移動する。ムツの幼魚を「オンシラズ」と呼ぶ地方がある。これは親と離れていくから「恩知らず」という意味である。

[続きを読む]

「鰆」(さわら)の名前の由来

サワラは、スズキ目サバ科に属する魚。細長い体で体長1mほどの大型肉食魚で、食用に漁獲される。成長につれて「サゴシ」(40-50cm)→「ナギ」(50-60cm)→「サワラ」(60cm以上)と呼び名が変わる出世魚でもある。

[続きを読む]

「鮑」「蚫」「鰒」(あわび)の名前の由来

アワビは、ミミガイ科の大型の巻貝の総称。雌雄の判別は外見からではほぼ不可能で、肝ではなく生殖腺の色で見分ける。生殖腺が緑のものがメスで、白っぽいものがオスである。

[続きを読む]

「鱵」「細魚」「針魚」(さより)の名前の由来

サヨリは、ダツ目サヨリ科に属する魚。沿岸・汽水域の海面近くに生息し、食用魚でもある。サンマに似て細長く、下顎が上顎より長く突き出しているのが特徴。

[続きを読む]

「鱸」(すずき)の名前の由来

スズキは、スズキ目スズキ科に属する魚。海岸近くや河川に生息する大型の肉食魚で、食用や釣りの対象魚として人気がある。成長につれて「コッパ」→「セイゴ」(鮬)→「フッコ」→「スズキ」と呼び名が変わる出世魚である。成長とともに沿岸、汽水域、河川に移動する習性がある。

[続きを読む]

「鮗」「鰶」「鯯」「鱅」(このしろ)の名前の由来

コノシロは、ニシン目ニシン科に属する魚。東アジアの内湾や河口の汽水域に生息する魚で、食用に漁獲される。成長するにつれ名前が変わる出世魚で、10cmほどの若魚が「コハダ」(小鰭)と呼ばれ、酢〆したものが寿司種として珍重される。

[続きを読む]

「鱚」「鼠頭魚」(きす)の名前の由来

キスは、スズキ目キス科に属する魚の総称。沿岸の浅い砂地に棲み、危険を察知すると砂の中に潜る習性がある。キス類の多くは食用に利用されるほか、釣りの対象としても人気が高い。

[続きを読む]

「鰈」(かれい)の名前の由来

カレイは、カレイ目カレイ科に属する魚。汽水に生息する種もいる。眼が体の右側であり、日本では「左ヒラメの右カレイ」といってヒラメ類と区別する。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加