記事一覧

赤いリンゴは日本から消滅する恐れがある

日本では「リンゴといえば赤色」というのが常識だったが、最近スーパーなどでは黄色いリンゴが増えている。

[続きを読む]

40種類の花が咲く木が作られた理由

40種類もの花が咲き、その果実ができる木「Tree of 40 Fruit」は、現代芸術家であり、アメリカ・ニューヨーク州のシラキュース大学の教授でもあるSam Van Aken氏により作られた。

[続きを読む]

世界情勢の悪化で天気予報の精度が低下する

現在、北朝鮮の弾道ミサイル発射や各地で発生するテロ事件など世界情勢が大きく揺れ動いている。世界情勢が悪くなると天気予報が当たらなくなるという。

[続きを読む]

溶けやすいソフトクリームは美味しい証拠

同じソフトクリームでもお店によって溶けるスピードは違う。早く溶けるソフトクリームのほうが美味しいという。

[続きを読む]

無音で踊る盆踊りがある

花火とともに夏の風物詩である盆踊りは、太鼓の音とスピーカーから流れる音楽に合わせて踊るのが一般的であるが、無音で踊る盆踊りがある。

[続きを読む]

「奈良の大仏」は千葉県にもある

「奈良の大仏」と言えば奈良県の東大寺の大仏(盧舎那仏像)が有名で、普通はこちらの大仏を指すが、千葉県にも「奈良の大仏」がある。

[続きを読む]

「心臓に毛が生えている」の語源・由来

「心臓に毛が生えている」とは、あつかましい、ずうずうしい、度胸のある、怖いもの知らずなどの意味で使われる言葉である。

[続きを読む]

「地下足袋」の名前の由来

地下足袋(じかたび)とは、足の裏にゴム底がつき、足の指が親指と残りの二股に分かれている作業労働用の足袋で、足のつま先に力が入りやすいのが特徴である。

[続きを読む]

世界中の魚が海で迷子になり漁獲量が激減する

権威のある学術雑誌『ネイチャー』に掲載されたオーストラリアのニューサウスウェールズ大学の研究によると、近い将来に漁獲量が激減し、魚が食べられなくなる恐れがあるという。

[続きを読む]

漢字の「とめ・はね・はらい」は特に決まりがない

子どもの頃、先生に厳しく注意された人も多いはずだが、漢字の「とめ・はね・はらい」には特に決まりがない。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加