記事一覧

東京には名前のある坂が多い理由

東京都心には神楽坂や道玄坂、紀伊国坂、芋洗坂、九段坂、乃木坂、一口坂、富士見坂、魚籃坂、於多福坂、幽霊坂など数多くの名前の付いた坂がある。

[続きを読む]

日本一短い川・日本一落差のある滝

日本で一番短い川は、世界文化遺産の熊野古道を有する和歌山県の那智勝浦町にある。その川の名前は「ぶつぶつ川」で、全長13.5mである。

[続きを読む]

農林水産委員会で飲める物

国会など国の運営に関わる議会や委員会の会場で飲むことが許されているのは水、それも「水道水」である。

[続きを読む]

現在の国道の数字が定着した経緯

国道とは、日本において国が政令で指定した道路の総称である。国道が全国的に重要な幹線道路網を構成し、その他の道路がそれを補完している。

[続きを読む]

地図は北が上になった理由

日常生活で私たちが目にする地図はどれも北が上になっている。これには大航海時代の歴史と夜空に輝く星が関係している。

[続きを読む]

「Bluetooth」の名前の由来

「Bluetooth」(ブルートゥース)という名前は直訳すると「青い歯」となる。無線通信規格の名前が「青い歯」とは何とも不思議である。

[続きを読む]

ホテルに泊まる時に宿帳を書く理由

ホテルや旅館などの宿泊施設に泊まる時、「宿帳」(宿泊者名簿)に記帳する。そこには宿泊者の氏名や住所、生年月日、電話番号、職業など詳しく書く必要がある。

[続きを読む]

寿司ネタに関する名字の人

日本には多くの名字があり、その中には変わった名字の人もいる。今回は寿司ネタと同じ名字の人である。

[続きを読む]

アロハシャツが誕生した理由

「アロハシャツ」(Aloha shirt)は、パイナップルやココナッツ、フラを踊る女性などのトロピカルなモチーフを、華やかでカラフルな色彩で染め上げた開襟シャツである。

[続きを読む]

蕎麦屋がうどんを出す理由

蕎麦屋には「蕎麦」のほかに「うどん」を出す店も多く見られるが、うどん屋には蕎麦を出す店はあまり見られない。

[続きを読む]

「宇治金時」の名前の由来

夏の風物詩でもある「かき氷」。かき氷には様々な種類があるが、その中でも人気があるのが「宇治金時(うじきんとき)」である。

[続きを読む]

寝ている人に話しかけても起きない理由

寝ている時、目覚まし時計が鳴ると人は目が覚めるが、家族が普通の声の大きさで話しかけても目が覚めない。

[続きを読む]

「イチボ」の名前の由来

焼き肉店などで使われる部位の名前で、カルビやハラミ、タンなどが有名だが、希少な「イチボ」という部位もある。

[続きを読む]

四つ葉のクローバーになる理由

クローバーは、マメ科シャジクソウ属の多年草で、シロツメクサ(白詰草)の別名。普段見られる三つ葉の変異体が「四つ葉のクローバー」である。

[続きを読む]

「小岩井」の名前の由来

スーパーなどで乳製品に「小岩井」と書かれた商品を見かける。小岩井の商品には牛乳やヨーグルト、バター、チーズなど数多くある。

[続きを読む]

学校のプールで水泳帽をかぶる理由

学校の授業などでプールに入る時には「水泳帽」をかぶる。学校のプールで水泳帽をかぶるようになった理由にはいくつかある。

[続きを読む]

雷がジグザグに落ちる理由

雷が落ちる時のイメージは、一般的に真っ直ぐではなくジグザグである。なぜ雷はジグザグに落ちるのか。

[続きを読む]

冷たいそばと温かいそばで薬味が違う理由

冷たいそばの薬味には「ワサビ」、温かいそばの薬味には「七味唐辛子」が使われる。この違いには歴史的な理由がある。

[続きを読む]

日本で2番目に大きい都道府県

日本で最も大きい都道府県は北海道(面積:8万3424km2)であり、これは有名である。しかし、2番目は意外と知られていない。

[続きを読む]

「ヤブ医者」の語源・由来

「ヤブ医者」とは、適切な診療や治療の能力を持たない医者、下手な医者を意味する。漢字では「藪医者」と書く。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加