記事一覧

ゴルフボールの表面に凸凹がある理由

ゴルフボールの表面には「ディンプル」(dimple)と呼ばれる小さなくぼみが数多くある。英語「dimple」は「くぼみ、えくぼ」を意味する。

[続きを読む]

江戸時代の歯ブラシと歯磨き粉とは

歯磨きが日常習慣として一般に普及したのは江戸時代のことである。この頃の歯磨きは「房楊枝(ふさようじ)」と呼ばれる歯ブラシが使用されていた。

[続きを読む]

ビタミンのアルファベットが不揃いの理由

ビタミンは、ビタミンAやビタミンC、ビタミンDなど全部で13種類ある。しかし、ビタミンFはないがビタミンKがあるなどアルファベットの順はバラバラである。

[続きを読む]

警察が「生茶」に注目する理由

犯罪は起こるのを未然に防ぐことが重要で、様々な種類の防犯グッズがある。そんな中、警察が注目している防犯アイテムがキリン「生茶」である。

[続きを読む]

印刷した写真が食べられる「フードプリンタ」

専用の可食シートに可食インクを使って写真を印刷することで、食べられる写真を作れる「フードプリンタ」という商品がある。

[続きを読む]

車の最高速度は時速1000kmを超える

F1における最高速度は、予選での記録だが、2016年ヨーロッパGPにおけるウィリアムズのバルテリ・ボッタス(Valtteri Bottas)の記録378.0km/hである。

[続きを読む]

飛行機はバックできるがしない理由

空港で飛行機が滑走路に向かう時などバックが必要な場合、トーイングカー(towing car)と呼ばれる特殊な作業車で押すが、飛行機は自力でバックすることもできる。

[続きを読む]

海苔に着色料を使うことはできない

海苔は黒褐色をしている。カラフルな海苔があれば需要もありそうだが、海苔への着色料の使用は法律で禁止されている。

[続きを読む]

「丁寧」の語源・由来

「丁寧/叮嚀(ていねい)」とは、注意深く念入りであること。細かいところまで気を配ること。動作・態度などが礼儀正しく、配慮が行き届いていること。

[続きを読む]

祝日のない6月に祝日があった理由

日本には多くの祝日があるが、6月は祝日がない月である。そんな6月に戦後一度だけ祝日があったことがある。

[続きを読む]

エベレストの山頂でも携帯電話は通じる

エベレスト(チョモランマ)は、ヒマラヤ山脈にある世界最高峰の山で、標高8848mである。現在、その山頂でも携帯電話は使用可能である。

[続きを読む]

列車「8時ちょうどのあずさ2号」

楽曲「あずさ2号」は、1977年(昭和52年)3月に発売され、大ヒットした兄弟デュオ・狩人のデビュー曲である。

[続きを読む]

パン屋に導入されたAI「ベーカリースキャン」

パン屋さんはAIよりも職人の腕が物を言う世界にも思えるが、あるAIが全国約350店舗のパン屋さんに導入されている。

[続きを読む]

「そらなっとう」は中国からのクレームで誕生

金沢のご当地納豆「そらなっとう」は、JALの機内食にも採用されたことがあり、有名ホテルや給食でも食べられている。

[続きを読む]

クレームがきっかけで美味しくなった食べ物

平成に大ブームとなった「生チョコ」やお菓子の「柿の種」は、クレームがきっかけで美味しく食べられるようになった。

[続きを読む]

渋沢栄一は静岡の「お茶」の発展に貢献

新一万円札の肖像画に選ばれた渋沢栄一(しぶさわ えいいち、1840~1931年)は、明治政府の大蔵官僚として財政政策を行い、退官後は実業家に転じた人物である。

[続きを読む]

犬の首輪にスタッズが付いている理由

犬の首輪にはトゲトゲのスタッズが付いたものがあるが、このスタッズはオシャレのためではなかった。

[続きを読む]

「空耳」という言葉があるが「空目」もある

実際には声や音がしないのに、聞こえたような気がすること、という意味の「空耳」という言葉があるが、同様に「空目」という言葉もある。

[続きを読む]

「ひなたぼっこ」の語源・由来

「ひなたぼっこ」(日向ぼっこ)とは、じっと陽の当たる場所、日向でとどまって太陽光を受けて身体を温めることであり、陽だまりの暖かさを楽しむことである。

[続きを読む]

「八王子」の地名の由来

「八王子(はちおうじ)」は、東京都の多摩地域南西部にある人口約57万人の市の名前である。2019年(令和元年)時点で、東京都で唯一の中核市に指定されている。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加