記事一覧

「アンカー」の語源・由来

リレー競技の最終走者・泳者を「アンカー」というが、これはもともと別の競技の「綱引き」に由来する。

[続きを読む]

ナチスを騙してヒーローになった贋作家メーヘレン

贋作(がんさく)とは、オリジナルとは別の作者によって模写・模作され、作者の名を騙って流通する絵画・彫刻・書などの芸術品や工芸品、またはその作成行為の事である。

[続きを読む]

水族館の水が綺麗なのはサンゴの死骸のおかげ

水族館で特に人気があるのが、色鮮やかな熱帯魚やサンゴが見られる「サンゴの水槽」である。その水槽の水は透明度がとても高いが、水槽の水が綺麗なのは「サンゴの死骸」のおかげである。

[続きを読む]

西から東京に来た飛行機が千葉に向かう理由

西日本から東京に向かう時、飛行機はとても不思議なルートを通って飛んでいる。それは最短距離ではなく、わざわざ遠回りをしている。

[続きを読む]

カレーが広まったきっかけは食品偽装事件

日本人ひとり当たりが1年間でカレーを食べる回数は平均73回であり、カレーは国民食であると言える。しかし、カレーが日本の国民食になったのは食品偽装事件がきっかけだった。

[続きを読む]

明治時代に犬は「カメ」と呼ばれていた

このことは辞書にも載っていて、「カメ」の項に「洋犬のこと」と記載されている。

[続きを読む]

犬の命をイチゴが救っている

犬の平均寿命は、1987年(昭和62年)に約7歳だったものが2017年(平成29年)には約15歳で、30年の間で8歳も延びている。

[続きを読む]

冷凍エビフライの衣の量で日本中が大論争だった

最近は冷凍技術の進歩により美味しい冷凍エビフライを自宅でも食べられるようになった。しかし、過去を振り返ってみると冷凍エビフライの衣の量で日本中が大論争になった事がある。

[続きを読む]

花粉症になりやすいのは長男と長女

日本人の4人に1人がかかっているという花粉症だが、花粉症は同じ環境で育った兄弟でも大きな違いがある。花粉症になりやすいのは長男と長女だという。

[続きを読む]

使い捨てカイロを再使用できる技

寒い日には使い捨てカイロが便利だが、短い時間だけ使用したカイロを捨てるのは勿体ない気もする。そんな時にカイロをまた使うことができる技がある。

[続きを読む]

このエントリーをはてなブックマークに追加